2021年 キャンプ歴1ヶ月の私の装備 寝具編

キャンプ初陣は2021月2月

私は現在休日が土日に縛られないシフトの職場環境。その利点を生かして旅行を楽しんでいたがコロナが蔓延し自粛、ふと山奥に連れて行かれたキャンプで見上げた星空はペルセウス流星群、雲ひとつなく光害もなく目に焼き付く景色だった。なんとなく年を越し ゆるキャン2期 スタート、私もキャンプスタート(流星群で始めろよ)といった流れ、時期的にミーハー感がすごいが凝り性なのでセレクトも初心者にしては少し変かと思う。

私の装備は以下をテーマとして考えております
・主にソロキャンでデュオの運用もできることが最優先
・酒と自然が主役のキャンプ、引き立て役に焚火と飯
・飯と焚き火は手間をかけてでも味わう(簡易飯はしない)
・イベント飯さもありつつ栄養バランスや味付けは極端なものにしない
・焚き火をガッツリやるので炎に強い装備構成で一式(今回紹介ぶん) 現在は登山UL装備を別で準備中
・車への積み込み、デミオで助手席座れてバックミラーが見える積載であればOK
・キャンプ地にペグ以外の一切の痕跡を残さない野営可能な装備
・なるべく他人とカブらない
としております。

キャンプ始める方は同様に拘る点とそうでない点。また現実的に捨てれる拘りなど優先段階を作ってから装備構成を考えると散財がやや緩やかになるかと思います。

 

今回は寝具編 ザックリと紹介しレビューは別途する予定

寝具編

宿泊の際に必要なギアたちをまとめました。選定をミスると死にかけるジャンル。

どこまで快適さを必要とするのか人によりますのでスペックだけでの選定が出来ないギアたちになります。今回紹介ぶんは2月に始めた歴1ヶ月のニワカキャンパー装備の一例です。

テントはグリップスワニーGSテント(パップテント)を使用しています。

※グラフ評価は著者の直感で1~5の5段階評価
※スマホ観覧の方はグラフを触らないようにスクロール操作すると快適

 

寝袋:mont-bell バロウバック#0

・冬も耐えるコストパフォーマンス最強シェラフ

大手定番で考えるとmont-bellかNANGAの2候補が有名かと思います。その他中華製などなどいろんなブランドもありますが今回は冬用ということで機能性に万が一問題があると命を落としかねません。そのため信頼と評価を優先し、一応需要により売りさばいても金になる大手2候補から選ぼうと決めて購入したのはmont-bell バロウバック#0、快適温度-7度ということで登山しないキャンプ場であればほぼ問題のない耐寒性、ダウンではなく化繊であるメンテナンス性の高さと税別20500円という値段の安さが決め手でした。ダウンではないため重量とサイズなど携行性は微妙ですがオートキャンプ目的ですし私みたいな初心者が使うのに良い選択かなと。

機能紹介よろしく宣伝的な要素は公式ページを見たほうが良いでしょって考え方の自分としてはメーカー紹介してる要素を二度読まされるのは時間の無駄だと思うので、細かい機能は公式でチェックしていただければと思います。→ 公式サイトリンク

実際使ってみてストレッチによる多少の動きやすさと寝返りのうち安さを感じます。また自身に密着する効果とストレッチがモフモフ自体にもかかることで効率よく熱を蓄えている感じがします。初使用はペットボトルに入れた水が軽く凍り、台風並みの強風が吹く環境下でスカートのないパップテントで使用しましたが無事寝ることが出来ました。慣れない寝袋ならではの窮屈さで途中トイレ起床しましたが寝袋自体の機能に問題はなかったです。ただ、開閉のジッパーに巻き込み防止とかはないので大した要素ではないですが快適性の評価に反映しました。

見た目のよろしい収納バックが優秀で簡単に収納でき、テキトーに押し込んでからベルトで締め込んで体積を減らせる利便性は寝袋に時間を取られないのでGoodです。

問題があるとしたら私が買ったタイミングでチェックした範囲のバロウバック#0のオンライン在庫が全滅していること。公式のスタッフに聞いてみましたが入荷の予定は全く聞かないとのこと。オンラインに力を入れてないアウトドアショップ店頭にあるかもしれません。

 

コット:WAQ 2way folding cot

・価格と機能が最高に丁度いい2wayコット

コットとは簡易ベッド、購入したのは2wayということでハイスタイルもあり簡易ベンチとしても機能します。コットの本来の目的は寝床をシートで張ることによって寝心地を改善することにあります。コットだけでは防寒性能は果たさないので寝心地を改善する程度、必須ギアとは呼べないですがオートキャンプならではの積載の余裕を活かしたアイテムと言えるでしょう。

キャンプの経験が浅くて最も心配なのは無事に寝れるかどうか。耐寒性においてはスペックあるものを買い込めばいいのだが寝れるかどうかは全ての環境によると思います。私の場合は快適に寝ることが出来ました。ハイスタイルとして使用することで下にできた空間を収納スペースにしつつコットやらベンチの役割も果たせるのでスペースを殺さず活かせるのもグッドポイント。

評価のマイナスポイントとしては初回使用時の組み立ての固さは目立ちます。また馴染むまでの布のギシギシ音で快適性を下げてますが使ってくうちに気にならなくなりました。設営及び携行性は類似の商品と大差ないので中央3点。コットの中でも高く評価されるヘリノックス製品に対して機能と価格バランスに優れた製品です。コット自体少し贅沢アイテムですので価格を抑えて2wayが上手く機能してるのはいいですね。

寝心地を向上させて断熱マットの選定を簡単にできるコット、積載さえ問題なければ高級マットを吟味するよりおすすめです。

 

断熱マット:Mozambique マット

・冷気遮断、丈夫な名脇役のお求めやすい断熱マット

寝袋に包まれて寝ても体の下の保温材は体重で押しつぶされて地面からの冷気を受けます。その対策として冷気を断絶する必要があります。このマットは外で寝る場合にはコットと違ってほぼ必須のギアとなります。地味すぎて当初は存在を想定してませんでした。色々なタイプがあって値段の開きもありますが厳しい環境下と言うほどでもない想定で初めての導入には良い選択かと思います。

このマットを選んだ理由はレビューを見漁りに見漁ってコストパフォーマンスが優れていそうだったから。結果として期待通りの性能を発揮してくれています。ボコボコの表面は寝袋を潰しきらず隙間を作る構造、アルミの断熱効果、余裕のあるサイズ感と軽さ、丈夫で粗のない作り。元々オリジナル品があってコピーしてるとは言え良く出来た製品です。エアーマットとは違い丈夫で故障知らず、寿命としてはスポンジがヘタれて凹凸がなくなり薄くなってきて性能が落ちる感じだと思うのですが50時間程度使ってその兆候は皆無ですね。サイズを必要なサイズに折りたたんで座布団にしてもいいし便利なやつです。評価点としては高くなってますが減点する要素が特にないって感じです。

マイナス要素はとくにないのですが登山などで積載をシビアに考える場合は幅が広めな点は注意です。そうでない場合は重量があるわけでもないので隙間に差し込んで置けばOK。

私の場合はコット+マット+寝袋で評価してますが、コットを除いてマット寝袋だけで寝ようとすると地面を選ぶ必要が出てきます。このマットだけでは足りない場合があるので単独だけでの運用は注意、また厳しい条件下では防寒性も足りなくなるかと思います。製品の品質というよりコンセプトの違いですね、不満ではありませんが一応評価に反映させてます。

 

枕:THERMAREST サイズM

・枕の好みは十人十色

大手アウトドアメーカーのサーマレストの枕。枕自体の必要性と好みは人によるので難しいところですがレビュー見漁って質感良さげなコチラをチョイス。ちなみに私は過去のキャンプで枕がなくて快眠できず首が疲れるという経験があった。私は硬めで平らな枕が好きで寝返りもするタイプ。

好みで差が出るであろう枕ですが私の評価は低く収まった。つまり好みではなく類似品と比べて質感の良さだけが残った感じ。まず中身がウレタンのスポンジで嵩はあるが柔らかすぎるのでスポンジ系枕が苦手な人は似た印象を受けるかも、サイズも寝返りには足りない感じ。正直アウトドアにどこまで寝心地を求めるかになってくるので収納性を意識した枕ほぼ全般私を満足させるの無理説がある。それでも何度も使ってると慣れてくるので満足もしてないが失敗感も特にない感じです。ただ感想として枕の中では高価なコチラのサーマレストはコスパがやや微妙に感じたので渋い採点になりました。

現在慣れたのもありますが、この枕を核に色々巻けばいいって感じなので睡眠に問題は生じてません。ただこの枕である必要性は私には皆無でした。まぁ使わないとわからないので難しいですね。

 

照明:Snow peak たねほおづき

・秀逸なデザイン、実用的人気LED照明

就寝専用としての照明ではなく持ち運べて吊るせる利便性と使用の安易さから寝床にも使ってるという感じ。寝床に使う場合は火事になってはいけないのでLEDライトが推奨されます。加えて雰囲気を壊さないためにも暖色光であると嬉しく操作が簡単だと寝ながらの使用も億劫になりません。たねほおづきは見た目の可愛さと理にかなった利便性からか使用者を多く見かけますし私もお気に入りのギアです。

手頃な大きさで魔人ブウの頭にあるようなピロピロした引掛けで服やらフックやらに吊り下げてつかえて大きな発光部そのものが唯一のボタン。機能美を感じる秀逸なデザインですね。電池式なのでバッテリーの劣化のような光量低下や劣化は見られずどこでも手に入る乾電池の交換で動力を確保できるのも実用的。光量も十分でソロキャンプならばコレ1つで生活しようとなんとか思えばいけます(非推奨)。サブ照明のポジションとして本当に有能ですね。

マイナス点としてはボタンが固い。固すぎて押せないってほどでは有りませんが誤作動防止にしても固すぎてボタン単独では押し込めず反対側から押し込みを受けてやる必要があります。この点はもう少し微調整してほしかった。あと値段の高さは気になります。もっと価格を削れそうなものですが人気商品かつブランドメーカーなのか少々高く感じる値段設定。この値段払えるとなると外観を捨てれば機能性で選択肢はいくらでもありますから初心者にオススメとは言いづらいです。ただ可愛いは正義ですし機能美とも言える優れたデザインもあって満足度は高いですね。

なんやかんやいいつつオススメ。盗難にご注意を

 

ブランケット:PENDLETON オーバーサイズ

・コットン100%の間違いなさ

上記までのアイテムに比べればおまけのようなアイテム。特別な機能を備えているわけでもない単なる布なのでレーダーチャート評価は省略します。

素材が綿100ということで火の粉に強く丈夫で使い勝手が良いです。寝具の多くが火に対して超弱いのでコット、マット、寝袋、枕を敷いた上に被せて使ってます。役割として簡易防炎カバーですね。寝るときや焚き火をしてない早朝ではブランケットとして機能させます。敷毛布にする人もいれば掛毛布にする人もいる、とにかく車に積んでおいて損のないアイテム。キャンプ装備に差し色を挟むのに丁度いい存在だったりします。

購入したブランケットのサイズは横幅約102cm×縦約178cmってことで守りたいギアを丁度カバーできるサイズ感。ひざ掛けならば折って使えばいいし毛布代わりに使える程よい大きさです。この商品が私の”焚き火オートキャンプ”一式の最後のピースとして埋まることで全てが火に強い(小さい火の粉程度ならノーダメージって意味)装備になりました。

 

まとめ

寝具は目的、時期、場所、機能で値段が決まる個人装備です。必須ギアの中でも命に関わる部分ですのでケチってはいけないのですけども選んでて楽しくワクワクするものでもないなって印象を持ってます。テントやら焚き火関連、調理器具などは自分の好みで融通がきく部分はありますが寝具はそうではないので買うのにテンションの上がるジャンルではないでしょう。そのぶん信頼の置ける自分にあったギアを確実に選定してもらえたらと思います。

最新情報をチェックする