2021年 キャンプ歴1ヶ月の私の装備 テント編

キャンプ初陣は2021月2月

私は現在休日が土日に縛られないシフトの職場環境。その利点を生かして旅行を楽しんでいたがコロナが蔓延し自粛、ふと山奥に連れて行かれたキャンプで見上げた星空はペルセウス流星群、雲ひとつなく光害もなく目に焼き付く景色だった。なんとなく年を越し ゆるキャン2期 スタート、私もキャンプスタート(流星群で始めろよ)といった流れ、時期的にミーハー感がすごいが凝り性なのでセレクトも初心者にしては少し変かと思う。

私の装備は以下をテーマとして考えております
・主にソロキャンでデュオの運用もできることが最優先
・酒と自然が主役のキャンプ、引き立て役に焚火と飯
・飯と焚き火は手間をかけてでも味わう(簡易飯はしない)
・イベント飯さもありつつ栄養バランスや味付けは極端なものにしない
・焚き火をガッツリやるので炎に強い装備構成で一式(今回紹介ぶん) 現在は登山UL装備を別で準備中
・車への積み込み、デミオで助手席座れてバックミラーが見える積載であればOK
・キャンプ地にペグ以外の一切の痕跡を残さない野営可能な装備
・なるべく他人とカブらない
としております。

キャンプ始める方は同様に拘る点とそうでない点。また現実的に捨てれる拘りなど優先段階を作ってから装備構成を考えると散財がやや緩やかになるかと思います。

 

今回はテント編 ザックリと紹介しレビューは別途する予定

 

テント編

設営関連のギア。寝床であり居住空間であり自身のキャンプサイトのシンボルとなります。考慮する点が多く大変悩ましいジャンルですが私の選択に一片の迷いはなかった

※グラフ評価は著者の直感で1~5の5段階評価
※スマホ観覧の方はグラフを触らないようにスクロール操作すると快適

テント:GRIP SWANY FIREPROOF GS TENT

・良好な質感の生地と耐火性が魅力

軍幕を採用、アメリカ軍が使用するテントの型になる。雨に強い形状で前側を跳ね上げれば簡易タープとなる。私の場合は酒のために焚き火をゴリゴリにファイアーさせるので火に強い必要がある。火に強い素材といえば綿であり、難燃で有名なグリップスワニー。軍モノマニアでもないがデザインが好き、このテントは生地の質感が帆布のように力強く色もよく撥水加工、難燃加工と地味ながら機能が満載なのだ。

パップテントは中上級者向けの分類として扱われがち、中でも高価かつそこそこレアなグリップスワニーGSテントは今まで使用者を見かけていない。正直バンドックの方がスカート、ベンチレーション、サイドウォールをオプションで付けてもGSテントより安価なのでパップテントを導入するならバンドックやテンマクデザインをオススメする。私がGSテントを選んだのは生地感がレベチで良すぎることと難燃の知名度にあった。

スカートがないことで結露はしにくいが雨風の侵入と室温は要考慮。生地が良いぶん布の面積の割には重量はややある。生地が良いことによる機能的なメリットもあるがビジュアルのメリットもあり、水滴が画になる、雪が画になる、霜の蒸発が画になるのは買ってから気づいた嬉しい利点。丈夫さから多少雑に扱える精神的な余裕は大きい。設営撤収はさすが軍モノで簡単で速い。

所有欲は満たされ財布は干からびた。見るたびの満足感はプライスレスの筈、きっとそうだ。オススメとするにはコスパがネックとなる。

 

タープ:GRIP SWANY FIREPROOF GS TARP

・遮光性、耐火性に優れ頑丈。良好な質感の生地

焚き火に強いことは前提かつテントが軍モノの私はタープの選択肢も多くない。数多くの変形が可能な正方形タープが欲しくなり結局グリップスワニーになる。怯むレベルの価格、ヒロシさんや多くのベテランキャンパーが使う同じ形状のDDタープは約4分の1の価格で買える。初心者にこの選択は厳しいものがある。しかし見るたびの満足感はプライスレスの筈、きっとそうだ。

created by Rinker

生地感はテントと違い防水性能がより高められている印象でサラサラしている。丈夫で遮光性が高く質感がよても良い、ただ多々あるタープより生地が厚く携行性が劣る。生地自体の重さで設営も難しいめ、私の技量が不足してるのもあるが使いこなすには熟練を要するため現状満足度は1つ落とすが、難しさは楽しさでもある。

テント同様に満足だが財布を貫通して口座にダメージを与える。これがまだ2品目である。

 

グランドシート:ユタカ #3000ODグリーンシート

・価格の安さと機能性のバランスが素晴らしい

軍テントにグランドシートは存在しないがキャンプを快適にするためには必要ということで、低価格かつ機能を満たすシートを探して見つけたのがコレ。しっかりしたブルーシートの色がキャンプっぽくなったのモノである。このユタカ #3000ODグリーンシートはサイズ1.8mx2.7mが驚異の500円台で購入可能なコスパ製品である。パップテントのサイドはカバーできないが寝床となる範囲をしっかりカバーする絶妙なサイズ感になっている。

ほぼブルーシートなので想像しやすいと思うが耐水性が高く汚れてもガシガシ洗えて水が染みることもない。分厚く丈夫なビニールは小石程度で穴も開いたりせずハトメが付いているため紐やペグで様々な固定が可能。大きいサイズではテントにもタープにもなる。驚愕の500円台でコスパが爆発しておりオススメしやすい優れたシート。しかしグランドシートとして見れば携行性に特段優れるわけでもなく、耐火性はないので少し評価に反映させた。

財布の優しさも機能の1つ。常に予備を持っている。災害でも非常に役立つと確信している。

 

ペグ:Soomloomチタンペグ

created by Rinker

・チタンなのに安価でシッカリ強い

基本的にテント付属ペグの多くが実戦に長く耐えられない。ペグはわかりやすい消耗品のため自分で追加購入するのが一般的かと思う。チタンの特徴として頑丈で軽い利点が挙げられ、欠点として高価だったりする。

このSoomloomは他社製品をほぼほぼクローンした製品を一部展開しておりオリジナルよりがっつり値を下げるわかりやすい中華メーカーだが、作りが割としっかりしていることから知名度がある。チタンの強みである軽量で頑丈な点も実現しつつ、チタンの割に安価なのが特徴。

重大な欠点はないが形状は微妙な印象。というのもペグを抜く時同種のペグを差し込んで回しながら抜くという手法はよく使われるのだが、このペグはサイズにより出来ない場合が多いのでペグ抜きとして使えるハンマーやら別ペグやらが必要になる。叩き込むヘッドも叩きやすさはなく定番ペグに形状面で劣る。また、チタンにしては安いと言ってもペグの中では高価なのでコスパ的にはエリッゼステークが優勝で初心者には選びやすい選択肢と思っている。見た目はソリッドステークが優勝だろう。それでもチタンペグの汚れに強く軽量という点は大きなメリットでオススメ候補に間違いなく入ると評価している。

ちなみにエリッゼステークを形状とコスパで評価する理由としては鍛造によるペグのため重さはあるが頑強、そして形状の秀逸な機能性にある。断面が楕円形のため強度を確保、抜く際には回すことにより穴が広がりることで手早い撤収が可能。加えて叩き込みしやすく、引き抜く際の穴もついている。ネックとしては見た目がかっこいいと思えないがペグなんか見えないため実用面でコスパが良いと評価してます

まとめ

長く使う製品にはコストパフォーマンスに直結しなくとも自分が好きと感じるように金を費やし、隠せて見えにくい消耗品はコストを抑えた。そもそもキャンプ自体が現在不必要で不便なアソビなわけなので、その不便さなどを楽しむキャンプ自体が拘りの趣味だと思う。オススメだけど満足とは限らないし満足だけどオススメとは限らない歪みが生じやすいキャンプギア沼、中でもテント類は価格の開きが大きいので選択の難しさはありますが私自身は今の選択に満足しており楽しくキャンプさせていただいてます。

 

※Twitterフォロー、Youtubeチャンネル登録が更新の原動力!気軽にお願いします!

最新情報をチェックする