マウスコンバーターの見分け方9選

  • 2021-03-29
  • ALL

マウサーの見分け方

マウスコンバーターを使用しているプレイヤーか否かを見分ける方法についてですが注意として、ゲームタイトルとプレイヤー次第で判別の難しさが変わります。コンバーターが嫌われることを理解してパッドのような操作を意識的に行うマウサーもいれば、クセのある操作が染み付いてる高感度パッドプレイヤーなど判別ノイズが多くあります。それらの要素から判別することの難しさを前提として欲しいと思ってます。

判別は まぁマウサーっしょ 程度の判断の域です。

調子に乗って不正ツール使用しながら発信活動してる人は判断材料サンプルをどんどん配りがちで判別精度を上げることができます。

ここでの持論を活用するかどうかは自由ですが関連したトラブルに関して一切責任取りませんので理解とお察しをお願いします。

お先に前置き

判別対象はマウスコンバーター使用者かパッドかの判別です。

コンバタの人は変換器ならではの現象とマウスならではの挙動、そしてパッドでは不可能な挙動を洗い出してコンバタ判定をします。

またプレイヤーごとの癖、マウサーになりたてで視線の振り方や置き方がマウス操作を活かせていない、ローセンシが特徴を捉えて意識的に隠している、パッドハイセンシはマウスに似がちなどなどプレイヤーごとの違いはあるので判別は気長に考えてください。ちなみに上手い下手、速い遅いはあまり材料になりません。

マウサー判別の材料

①照準移動の際にネガティブアクセルを起こす
症状としてはエイム移動中に妙な急停止と移動が挟まれる。これはマウスのセンサーが機能しきらなかった場合、設定の煮詰めが甘い場合、変換器とセンサーもしくはマウスの相性が悪い場合に起こりえます。カウント飛びのような状態でエイム移動操作が瞬間的に途絶えるので突然速度が0になったり不自然で急激な加減速を起こす場合があります。よく言われる照準がガクガクするという現象です。なぜコレがパッドではないかと言うとスティックエイムはスティックの倒し具合で速度を指定して時間で距離を決めます。エイム移動を止める速度0の場合はスティックはニュートラル、この過程で必ず滑らかな速度変化が発生します。なのでガクガク急激な挙動変化や急激な停止はパッドには起こりえません、ネガティブアクセルが明確に確認できた場合は一発でマウス断定して構いません。しかしながら設定を煮詰めてカウント飛びしない操作をなれたプレイヤー意識的にしていれば断定が容易なネガティブアクセルの発生はかなり抑えることが出来ます。

②弧を描くエイムや円エイム陰毛エイム
パッドで対象にエイムしようとする場合は直線的にエイム移動しがちです。というのもスティックを倒すベクトル操作ですしエイムアシストの存在もありますから方向をある程度合わせて指を倒しきります。その後に方向変換や微調整など基本的に直線的なエイムです。対してマウスは座標操作なので連続的な方向変化が容易いです。スティックでは派手な弧や円っぽいエイム、ぐにゃぐにゃした陰毛みたいなエイムをすることはほぼほぼなくアシストが引っかかった際に軌道が曲がりますが範囲に限界があります。マウスの場合は軌道が非直線になりがちで、同方向移動でも加減速を繰り返して微調整しているなども特徴です。ただこれはマウスの方が直線エイムするのが難しいというところを判断材料してまして、操作練度の高いプレイヤーは目標まで直線的でスムーズなエイムを可能にします。ローセンシだったり練度の高いプレイヤーは判別し難いです。

③無意味な小刻みな方向転換が早く頻繁
視点を右に振ろうと思ったがやっぱ左、など操作の変化は全デバイスでありますがスティックの場合はニュートラルまでに滑らかな減速を必ず起こします。マウスの場合は機敏に方向反転が出来るので気安く頻繁にエイムを不利がちです。これは射線管理を効率化するためのキャラの立ち位置に合わせたパッドの緩やかなエイム操作ではなく、マウスのエイム速度に余力があるからこその小まめな視点振りです。パッドでも周辺確認のために視点振りはしますが②のように基本目標に対して直線的にエイム移動しますのでこまごまとした方向反転や転換はあまり起こりません。その速度もパッドらしからぬ速度でキュンキュンやりがちなのでマウサーの特徴の1つとして見られがちです。

④急すぎる加減速の連続
ほぼ①のような症状ではありますがセンサー起因ではなく人力によるエイムの加減速です。マウサーの場合は認識したマウス移動距離をエイムに変換、パッドの場合は方向指定して倒し加減に時間をかけてエイムの移動ベクトルを指定します。マウスの場合はエイムの変換に時間は関係なく距離で計算されるため操作が機敏で速度を調整する余裕が多少ありますしその変化が急です。一方パッドは大きな速度変化は非常につけづらいの一部の超ハイセンシ以外はなだらかに速度変化します。症状としてはガクガクしますがマウスの操作練度が高い人、設定を煮詰めてる人は症状が出づらくパッドハイセンシは似たような操作が起こりやすいので難しい要素ですが怪しい材料です

⑤ローセンシとハイセンシの両方のエイムを持っている
マウスの利点は精密操作に加えて高速なエイム振りが出来ることです。が、パッド熟練者でも似たようなことは出来ますね。なので傾向としてはパッドはローセンシならばローセンシの立ち回り方になりがちで設定速度限界の低さを考慮して落ち着いた操作になりやすいです。ハイセンシならば微細なエイム操作が難しいのでガンガン自分も敵との位置関係も動かしつつキャラコンかまして賑やかな操作になります、反対の操作が不向きなのでエイムの傾向が偏りやすいんです。マウサーの場合はローセンシっぽい動きなのに設定速度限界がハイセンシやないかっていう特定の動きで今まで見たこと無いゲーム内マックススピードが炸裂します。変幻自在感あるのでパッドっぽくないなぁという違和感として感じる場面が多いです。これはマウス操作に熟れた人はマウスの利点を活かして症状が表面化する感じです。

⑥急反転やフリックエイムが反転しがち
これはマウスあるあるですね、そこそこ大きく勢いよく視点を振ってマウスをストッピングしてエイムを止めるのですがマウスに止める力を加えた際に微妙にブレます、これはパッドのスティック操作ではほぼ起こりえません。特に非戦闘時の場合は微細なエイム調整する必要がないのでパッドでエイム反転する振り向きの必要性はないですがマウスだとストッピングがブレるだけで発生するのでまぁまぁ怪しい材料です。マウスの練度が高い人やローセンシでは確認しづらく、不慣れな人やハイセンシに見かけます。

⑦プルプルしてる
照準が停止してる状態がそこそこ多いパッドですがマウスの場合は常に握っています、無操作のつもりでも常にぷるぷるしてる人はかなり怪しいですが設定が甘かったり不慣れなプレイヤーでない限り普段からプルプルしてたりはしません。多くは力みによって意図しない方向にマウスが動いておりその修正と力みが連続して操作時に不自然にプルプルします。パッドでは基本プルプルしないと言うかプルプル操作が無意味なくせに大変すぎるので動画でプルプル撮ってって言えば速攻でわかる。慣れてるプレイヤー出ない症状です。

⑧UI操作が不自然に不器用などパッド最適化コマンドに苦戦する
例えばAPEXなどのように回復アイテムを選択する際、回復ボタンを長押しして右スティックで方向指定します。マウスの場合はこれが苦手でゲームに慣れてるはずのプレイヤーが選択シーンで妙なもたつき操作をします。これはパッドのベクトル操作に最適化された入力なのですがマウスで行ってるので生じる操作の非効率さです。他にもBFの車両やCODBO4のAJAXなど強制的にエイム感度や加速が変更されるシーンでクソエイムが炸裂します。設定を丁寧に煮詰めるからこそ勝手な加速変更は大きく影響します。これは笑えるくらいアタフタしてます。慣れてるプレイヤーはそういうシーンを避けるかパッドに持ち変えるか設定を即座に変更して専用の設定を呼び出すか無理やり操作するかでしょうけど、いずれにしよ妙な変化やギクシャク感が生じます。

⑨直進移動を継続して視点振りだけで進行コースを調整する
キーボードマウス独特の動きになります、スティックキャラ移動の場合は微細な方向指定と強弱が可能なので横着しようとスティック移動が一番楽です。対してキーボードですと8方向しか入力できなくて操作が多くなるので横着するとエイム移動で方向を決めて前進入力だけで進行します。この操作はパッドで行う理由も利点も基本的にはないので怪しい材料です。意識的に隠す人は隠せますしパッド移動を使うスタイルだと症状に出ません

大雑把にはこんな感じですが経験的な違和感はだいたい材料になります

 

動画で確認してみよう

父の背中ビーサンさんがマウサー判別企画で動画を公開しているのでソチラをお借りしてみます。5つのサンプルを流して見て、最後に答え発表という形式でしてサンプル再生は動画時間0分34秒~11分2秒、答えは11分10秒からになります。上記を意識してサンプルがマウサーかどうかを予想してみてください。

以下は各サンプルについて解説です

 

サンプル1 1分19秒から

序盤のゲートオープンの時点で無駄でパッドらしからぬ視点移動が入ります。すぐに階段を登る途中でもエイムが左右に振れますがパッドならない操作かと思います。階段から走って壁ジャンプからの飛び出しですがエイムが飛んで即反転操作からの軌道の歪んだ左右揺れが入ります。私はここで完全にマウサー判定ですが続きを見ましょう。2つ目のクリップも左右揺れが目立ちますね、パッドでこの操作は不自然な印象で戦闘終了後はエイムを振りながら前進入力進行ですね。あとキーボードなのでキャラ移動が常にMAXか0なんですよね。これは疑ってから意識すると目につくかと思います。最後のクリップでは階段下を打ち下ろしたあとでのリロード付近での方向転換満載なエイム移動はパッドでの実現は面倒臭すぎます。

 

サンプル2 2分36秒から

序盤から無意味な小刻み方向転換エイムが炸裂、全体的に微妙なネガティブアクセルが多くガクガクしています。全体的にエイムのブレが多く人力でもプルプルしています。ちなみにこの手ブレもネガティブアクセルも設定に詰めて熟練度の高いプレイヤーであればある程度抑えることが出来ます。無意味な方向転換の高速な繰り返しの中エイムしてるのが目立つので全体を通してわかりやすいかと

 

サンプル3 4分38秒から

設定がしっかりなされてるのでエイムの挙動が自然に見えます…。基本ローセンシ気味で移動時もそうですけどパッドっぽさのある動きなんですよね。ローセンシの判断は難しくなります。これはマウサーだった場合操作者が意識的にやってるのかマウス慣れしてないのかなんなのか、パッドだった場合は大きく視点を振るときの速度変化が頻繁かつ不自然で、エイムニュートラル状態が不安定で流れてる時とそうでない時がある…結局一番難しいサンプルではあったんですがパッドの演技をしたマウスという印象でした。アラ探し的な見方をしての判断です。多分演技じゃないでしょうか、全体に違和感はありますが。細かいトラッキングがマウスっぽい挙動なんですよね。エイムが非直線的で加減速が微妙にあってなだらかじゃないので演技してるマウスのイメージが一番近いんですが正直一回見ただけだと明言できませんでした。

 

サンプル4 7分21秒から

エイムを触ってないであろう時に綺麗に停止しきってますね。②のシージとは別ゲーのようなエイム挙動の安定感ですが全体的にハイセンシ気味なので少し疑うような小刻みシーンもありましたが、エイムの停止時や反転時に減速→ニュートラル→加速の流れが全てにあるんですよね、マウスでこのエイムをする意味がまったくないです。そして全て直線的にスティックを弾くパッド感があります。エイム移動が直線のワンアクションの繰り返しって感じがあります。ハイセンシパッドが一番しっくりきます。マウスと判断する材料がなさすぎるってのもパッドと思う理由です

 

サンプル5 9分19秒から

全体的にリコイルの相殺が不自然な印象を私は受けます。スキル無効化を受けてからの戦闘はエイムがプルプルカクカクしてます。沼に退いて回復キット使ってるあたりは急速の左右振り、その後の接敵時のフリックの微調整がパッドらしからぬですね。次にもう一度回復キット使うときも無意味なグニャグニャ曲がる左右振りが入ります。その後の最終戦闘でも弾が敵に着弾しているフルオート時に縦のエイム調整が頻繁に入りますがパッドでこの操作はあまり考えられないかと思います。今までのリコイルを相殺しきってる操作精度からトラッキングの微調整でこの挙動は完全にパッドではないですね、リコイル相殺も疑います。

以上持論ですが9つを判断材料にマウスコンバーターかどうかをゲーム感覚で判別しています。

最新情報をチェックする