珈琲豆メモ El Diamante ;Ditta Artigianale

El Diamante

Country: CostaRica
Farm: El Diamante 1450m
Variety: Caturra&RedCatuai
Flavor: Cinnamon, Apple pie, Cocoa
Roaster: Ditta Artigianale
Machine: Brambati
Process: Anaerobic

Shop: COFFEE MAMEYA (OmoteSando)

レシピ

ハンドドリップ
豆16:水1
飲みやすくバランスが良いと感じたのは軟水(南アルプス天然水とか)、上質な酸を少し丸くし滑らかな口当たりになる。やや硬水気味(セブンイレブンの水)だと酸が強く主張しフレーバーが際立つ個性の塊、輪郭がハッキリした尖った味わいになる印象。浅煎りの上質酸大好きマンは個性の輪郭を出すためにややミネラルがあったほうが良い。飲みやすくバランスを整えたい場合はミネラルを抑えたほうが良いと感じて私は軟水との組み合わせの方が好みだった。しかしこの豆に関してはアナエロビックによる独特なフレーバーが魅力なのでミネラルでガッツリ個性を出すとアップルパイのフルーティーな部分がより際立つので一回は試すべきだなと感じる。表記されてるフレーバーは全て拾うことができた。

抽出時間170sec程度 湯89~91℃
ドリッパーはV60が私の場合好みの傾向になりやすい気がした。アナエロの風味を壊さないために雑味を絶対に出したくないと普段より強く感じるためペーパーはリンスする方が好み。

グラインダー EK43S
コマンダンテとHG-1を試したが最も好みに入るのがEK43S、フレーバーをたたせてスッキリと飲みたいのでカットのほうが綺麗な印象。粒度は以下の画像の通り(大体同じだけど)。

感想

初のアナエロビック。シナモンとアップルパイとココアが香るとのことでホンマか?って思うところだがホンマだった。袋を開けた瞬間からややシナモンっぽい香りがする。元々この豆を選ぶ際に話の流れで派手な豆を下さいとオーダーし、2候補の内の1つになる。シナモンというワードが強烈ではあるがシナモンを少し効かせたアップルパイという感じが最も適した印象かと思う。ちなみに静岡県袋井市のFujioというパン屋さんのアップルパイがソレでして大好物だったりする。

東京都表参道 COFFEE MAMEYA 食べログ
静岡県袋井市 Fujio 食べログ

シナモンは口に近づけ飲み始めに、ココアは口に含んで飲み込む時に、アップルパイは余韻にゆったりと甘みが感じられる。シナモンのスパイシーさがクリーンに香るので綺麗めに抽出したほうが個人的には好みだが、苦味がほぼない浅煎りなので個性をバチバチに出すと珈琲に慣れてない人はやや飲みづらいかもしれない。その場合は軟水でバランスとってあげると壊さずに飲みやすくなるのかなと。

総評として満足、リピートしたいとも思うが繊細で癖もあるため常飲するには向かない印象。浅煎り珈琲好きな人にこっそりプレゼントしたい、まさにそんなポジションがドンピシャなお豆さん。そしてショップの表参道のMAMEYAさんが大好きになった。ごちそうさまでした。

最新情報をチェックする